Advertisement第115回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第1号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 精神科医が知っておきたい抗てんかん薬の使い方・付き合い方
抗てんかん薬のてんかん以外の精神・神経疾患への適用およびオフラベル使用について
谷口 豪
東京大学医学附属病院精神神経科
精神神経学雑誌 121: 30-38, 2019

 抗てんかん薬はてんかん以外にも,双極性障害や三叉神経痛,片頭痛,パーキンソン病など,さまざまな精神・神経疾患に対して効果を示す.2006年に発売されたgabapentin(GBP)以降,10種類近くの抗てんかん薬が本邦でも相次いで使用可能となっているが,それぞれが,てんかん以外のどのような疾患に効果があるのか,保険適用があるのか否か,それらを支持する研究はどうなのかなど不明な点が多い.そのため今回は精神科医も使用する機会が多い新規抗てんかん薬を中心にてんかん以外の適用およびオフラベル使用(適用外使用)の本邦,米国そして欧州の状況について調べた.精神科領域ではcarbamazepine,sodium valproate,lamotrigineが双極性障害に対して各国で適用があり,GBPの誘導体であるpregabalinは欧州で全般性不安障害に対して適用があるが,それ以外の抗てんかん薬は精神疾患に対しての適用はなく,上記の抗てんかん薬もそれ以外の精神疾患に対しての適用はない.初期のアルツハイマー病や統合失調症の認知機能改善目的でのlevetiracetamや,筋萎縮性側索硬化症に対するperampanelなどは治験が現在進行中でありその結果が待たれる.製薬企業は,抗てんかん薬としてまずは発売し,その後に双極性障害や神経障害性疼痛などの,患者数の多い慢性疾患への適用拡大をめざすという戦略をとっている.その一環として企業は臨床医に抗てんかん薬のオフラベル使用を促進するようなさまざまなアプローチを今後もとることが予想される.精神科臨床における抗てんかん薬のオフラベル使用は,多剤併用が長期化することによって有害事象発現リスクが高まる可能性があるという医学的な問題や,医薬品副作用被害救済制度の対象外であるという制度的な問題,自由診療扱いであるため本来は保険適用である他の治療も認められなくなるという医療経済的な問題が含まれている.以上のような背景や問題点を理解したうえで,抗てんかん薬のオフラベル使用を慎重に検討すべきと思われる.

索引用語:抗てんかん薬, 承認適用使用, オフラベル使用, 神経精神症状>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology