Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第1号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 精神科医が知っておきたい抗てんかん薬の使い方・付き合い方
抗てんかん薬と精神症状
西田 拓司
国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター
精神神経学雑誌 121: 19-23, 2019

 てんかんは抑うつ,不安,幻覚,妄想,情動不安定,易刺激性など多彩な精神症状を伴うことが知られており,その一部には抗てんかん薬が関与していると考えられている.近年,本邦でも多くの新規抗てんかん薬が使用できるようになり,抗てんかん薬治療の潮流は大きく変わった.ところが,新規抗てんかん薬の一部はその使用頻度が高まるなかで,精神症状を惹起あるいは悪化させることが多いことがわかってきた.本邦では,成人てんかん診療の担い手が精神科から神経内科や脳外科に移りつつある.てんかん診療を行う精神科医が減少する今後,逆説的に,一般精神科診療のなかで,てんかんに伴う精神症状に対応する機会が増えることになる.てんかんに伴う精神症状,特に抗てんかん薬が関連する精神症状の知識は精神科医にとって必須である.

索引用語:抗てんかん薬, 精神症状, 抑うつ, 精神病, 易刺激性>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology