Advertisement第116回日本精神神経学会学術総会

論文抄録

第121巻第1号

※会員以外の方で全文の閲覧をご希望される場合は、「電子書籍」にてご購入いただけます。
特集 精神科医が知っておきたい抗てんかん薬の使い方・付き合い方
てんかん薬物療法の実際―治療の開始・維持・終結まで―
小出 泰道
小出内科神経科
精神神経学雑誌 121: 13-18, 2019

 てんかんの薬物療法はまず確実な診断に始まることを最初に強調しておきたい.一定の割合で失神など非てんかん性のイベントがてんかん発作と見誤られ,不必要な治療を受けている例が存在する.てんかんの診断は患者の一生を左右する大きな問題でもあり,診断に自信がなければ,てんかん専門医やてんかんセンターを利用するとよい.その段階を経て確実にてんかんであると診断された患者に対して,まず行われるのが薬物療法ということになる.薬剤の選択に関しては長く1989年の国際てんかん症候群分類に基づき,部分てんかん(焦点性てんかん)と全般てんかんに分け,部分てんかんにはカルバマゼピン,全般てんかんにはバルプロ酸が選択されてきた.現在でもこのコンセプトそのものの重要性は変わっていないが,治療薬剤については選択肢が増えたことで,より患者の特性に合わせた「オーダーメード」に近い治療が行えるようになっている.一方で選択肢が増えたことでかえって極端な単純化(どの患者にも同じ薬)や選択肢に迷う場面があるようにも思われる.個々の患者の状況に合わせた薬剤選択の目安を示す各種の治療ガイドラインも提示されている.今回は2018年に発表された日本神経学会のてんかん診療ガイドラインを紹介する.また,治療が開始されたのちは効果判定や副作用への対応,アドヒアランスの維持などのためにも,単に薬を処方し続ける,というだけではない医師―患者間のコミュニケーションが重要になる.社会生活へのてんかんや服薬の影響にも目を向けることで,患者の治療満足度が飛躍的に高まることを経験する.治療終結の可能性の見通しについてもあらかじめ患者に提示しておくほうがよい.

索引用語:てんかん, 診断, 失神, 新規抗てんかん薬, ガイドライン>
Advertisement

ページの先頭へ

Copyright © The Japanese Society of Psychiatry and Neurology